シアリスのアメリカ

TOP PAGE

シアリスのアメリカにおける評価とは

シアリスというのは、タダラフィルとも呼ばれていて、アメリカのイーライリリー社が製造販売する勃起不全(ED)の治療薬です。

ED治療薬にはバイアグラ、レビトラに次いで第3の治療薬です。日本でも処方薬として2007年に製造販売を許可され、医療機関向けに販売が開始された処方薬です。

このシアリスが注目されている理由は、バイアグラなどと違い、食事の有無にかかわらず服用が可能であるという事、36時間という長時間にわたり勃起機能改善効果が認められていることが挙げられます。

36時間というと、金曜日の夜に服用すると、日曜日の朝まで効果が持続するという事なので、アメリカをはじめ海外では、「ウィークエンドピル」という愛称まである医薬品なんです。

40代から70代の男性の半数以上がEDに悩んでいると言われる中、とても注目されている医薬品なんです。しかし、日本でシアリスを処方してもらうと、なんと1錠/20mgが2000円ほどするというのです。

EDは病気ではないので、全て自己負担となってしまうんですね。

そこで、多くの方が利用しているのが、個人輸入です。個人輸入は、手続きなどが大変なイメージがありますが、現在個人輸入代行業者が数多くあるので、ネット通販をするような感覚で、海外の医薬品なども手軽に購入することができます。

この個人輸入でアメリカのシアリスを購入しようとすると、1錠/20mgが約1000円ほどで購入可能です。送料がかからないお店も多いので、そのようなお店で購入するようにしましょう。

また、20mgですと量としてはかなり多い方なので、20mgを半分に割って1回分として服用している方も多いです。

個人輸入のシアリスは、多く存在していますが、輸入物となると多いのが、偽物です。

まずは、信頼できる業者を見つけることが必要ですが、きちんと説明がのっているか、画像がのっているか、どこで製造されているものか。

などを確認することが必要です。ちなみにアメリカ製のシアリスはボトルタイプになります。

>>シアリスの正規品はこちらを確認<<

シアリスの個人輸入